戻る
■SSHのポート番号を変更
※22番ポートは一番狙われやすいので変更しておく 自分でSSH接続する際のポート番号も、もちろん変更する ※後から変更すると影響範囲が大きいので、早い段階で変更しておく ■SSHのポート番号を変更 # vi /etc/ssh/sshd_config
#Port 22 Port 10022 … ポート番号を変更
# systemctl restart sshd … SSHを再起動(CentOS6の場合は「# service sshd restart」で再起動) ■ファイヤーウォールを調整(firewalldを使用している場合) このファイル内の「ファイヤーウォールを設定 > SSHのポート番号変更」を参考にする ■ファイヤーウォールを調整(iptablesを使用している場合) # vi /etc/sysconfig/iptables … ファイヤーウォールを設定(22ポートを閉じる)
#SSHを許可(IP制限あり) #-A MY-FIREWALL -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 22 -s 203.0.113.0 -j ACCEPT … コメントアウト -A MY-FIREWALL -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 10022 -s 203.0.113.0 -j ACCEPT
# service iptables restart … ファイヤーウォールを再起動