戻る
■コマンド履歴
$ history … 履歴を表示 $ history 10 … 履歴を10件表示 $ !123 … 履歴から123のコマンドを実行 $ !! … 直前のコマンドを実行 Ctrl+R でreverse-i-searchが呼び出される その状態で文字列を入力すると過去のコマンドが履歴から検索され、入力候補として表示される 再度 Ctrl+R でさらに昔の候補が表示される ESCで終了できる [ターミナル] コマンドの履歴検索と実行 http://dev.classmethod.jp/tool/terminal-reverse-i-search/ ■コマンド履歴に実行日時を追加 ※未検証 コマンド履歴に日光日時は記録されていないが、記録しておくとトラブル時の調査に役立つ可能性がある HISTTIMEFORMAT を設定することで、自動で記録することはできるみたい 永続化の作業が別途必要みたいなので注意 historyにコマンドの実行時刻が表示されるようにする - Qiita https://qiita.com/kawaz/items/92457e3d1664383b18bc history コマンドに日時を付与する - Qiita https://qiita.com/bezeklik/items/56a597acc2eb568860d7 ■コマンド履歴を削除 ※未検証 削除を履歴に残したいなら「history -d 行番号」を実行、 履歴に残したくないなら「~/.bash_history」を編集、 で良さそう 間違って入力したコマンドのhistoryの削除 - Qiita https://qiita.com/katamuki/items/f9806bad3641baac2747 【 history 】コマンド――コマンド入力の履歴を表示、再利用する:Linux基本コマンドTips(154) - @IT https://atmarkit.itmedia.co.jp/ait/articles/1710/20/news015.html