戻る
■システムをリアルタイムに監視
Sysstatをインストールしておくと、sarコマンドでシステムの状況を表示できるようになる インストールするだけで、システムの状況が /etc/cron.d/sysstat によって /var/log/sa/ 内に記録されるようになる。 記録された情報は # sar -f /var/log/sa/sa05 で確認できる。(上の例は、ある月の5日の情報)また # sar [オプション] [秒] [カウント] とすれば現在の状況をリアルタイムに監視できる。 使用例は以下のとおり。 # sar -q 1 10 … システム全体の負荷 # sar -u 1 10 … CPUの使用状況 # sar -P ALL 1 10 … CPUの使用状況(コアごと) # sar -r 1 10 … メモリの使用状況 # sar -W 1 10 … スワップの確認 # sar -b 1 10 … I/Oの確認 # sar -d -p 1 10 … ブロックデバイスの確認 # sar -n DEV 1 10 … ネットワークデバイスの確認 # sar -n DEV 1 10 | grep eth0 … ネットワークデバイスの確認(eth0のみ) # sar -q -s 10:00:00 -e 12:30:00 -f /var/log/sa/sa05 … 時間を指定して確認 sarコマンドでLinuxサーバのシステムモニタリングを行う方法 http://naoberry.com/tech/sar/