戻る
■nginxにレスポンスタイムを記録
/etc/nginx/nginx.conf のlog_formatで $request_time を設定する 以下の例では、あわせてアクセス元プロキシのプロトコルとホストも記録している
log_format main '$remote_addr - $remote_user [$time_local] "$request" ' '$status $body_bytes_sent "$http_referer" ' '"$http_user_agent" "$http_x_forwarded_for"'; ↓以下のように変更 log_format main '$remote_addr - $remote_user [$time_local] "$request" ' '$status $body_bytes_sent "$http_referer" ' '"$http_user_agent" "$http_x_forwarded_for" $request_time $http_x_forwarded_proto $host';
ELB経由のnginxでアクセス元IPアドレスをアクセスログの$remote_addrとして書くようにする - Qiita https://qiita.com/toshihirock/items/1de2613bb7c95d486dc1 nginx: ログ出力形式の変更と、ログにレスポンスタイムを出力する方法 - エラーの向こうへ https://tech.mktime.com/entry/259 Nginxアクセスログのフォーマットにホスト名を入れてLogwatchにも対応させる https://parudou3.com/nginx/616/