戻る
■rsync(バックアップ)
以下はrsyncで2台のサーバが双方向同期しているAWSのEC2環境で、実際にAMIを作成したメモ テスト的にAMIから古いEC2を立ち上げたとき、 即座に同期が始まって古いファイルで上書きされたりを防ぐため、 AMI作成前に同期を無効にして作成後に再度有効にした 作成前に、両方のサーバで同期を無効にしておく # systemctl stop lsyncd # systemctl disable lsyncd # systemctl | grep lsyncd AMIを作成する (「再起動しない」は「有効化」にして作成したが、可能なら再起動して作成すると確実) 作成後に、両方のサーバで同期を有効にする # systemctl start lsyncd # systemctl enable lsyncd # systemctl | grep lsyncd