戻る
■ec2-bench
※未検証 ec2-benchを利用し、t2.microのインスタンスを同時に10インスタンス起動させ、 各WebサーバのPHPプログラムに対し、一斉にApache Benchを実行して計測を実施。 ※以下の条件は、全て1インスタンスあたりのもの。(x10インスタンスで同時にリクエスト) 条件:同時リクエスト数:10 全リクエスト数:200 instance_type="t2.micro" instance_count="10" request_number="200" client_number="10" 結果:CPU使用率:90% ディスクスワップ:秒間約2.3MByte程度のスワップが発生。 条件:同時リクエスト数:5 全リクエスト数:200 instance_type="t2.micro" instance_count="10" request_number="200" client_number="5" 結果:CPU使用率:75% ディスクスワップ:部分的に、秒間30kbyte程度のスワップが発生。 所見:瞬間同時アクセス数が100になると、Apacheの起動中プロセスだけでは追いつかず、 新たなプロセスの追加起動が必要な分、一気にディスクスワップが発生してしまい、 CPU使用率が90%を超えてしまうため少々危険。 ただし同時アクセス50の場合は、ある程度落ち着いており、 計測中のブラウザアクセスでも、体感的な表示の遅延がないことから、 サーバダウンの心配はないと考えられる。 ※上記結果は全て、ロードバランサを通していない1インスタンスでのものなので、実運用においてはほぼ問題ない。 以上のことから、インスタンスタイプを保険でt2.smallにしておくことで、 問題無くサーバダウンの回避は可能だと判断できる。 Amazon EC2 を使った負荷テストツール "ec2-bench" を作りました http://blog.manabusakai.com/2014/07/ec2-bench/