戻る
■アプリの作成(XMLレイアウト / データの保存)
■SharedPreferencesでデータを保存 以下で新規にプロジェクトを作成 プロジェクトの選択: Empty Activity プロジェクトの名前: sharedpreferences ビューバインディングを使えるようにする build.gradle を変更したら「Sync Now」をクリック ビューにWebViewを配置する activity_main.xml を開き、最初から表示されているTextViewを削除し、 「Text」内の「PlainText」をドラッグ&ドロップで中央に配置する 上下左右を画面の端に接続し、マージンは0にする 垂直方向のバイアスは30にしておく また、以下の設定を行う id: editText layout_width: wrap_content layout_height: wrap_content text: Text 「Buttons」内の「Button」をドラッグ&ドロップで中央に配置する 上をtextViewの下に接続し、下左右を画面の端に接続し、マージンは0にする 垂直方向のバイアスは20にしておく また、以下の設定を行う id: saveButton layout_width: wrap_content layout_height: wrap_content text: 保存 MainActivity を以下のように変更する
package org.refirio.sharedpreferences import android.content.Context import android.os.Bundle import androidx.appcompat.app.AppCompatActivity import org.refirio.sharedpreferences.databinding.ActivityMainBinding class MainActivity : AppCompatActivity() { private lateinit var binding: ActivityMainBinding override fun onCreate(savedInstanceState: Bundle?) { super.onCreate(savedInstanceState) binding = ActivityMainBinding.inflate(layoutInflater) val view = binding.root setContentView(view) // SharedPreferencesオブジェクトを取得 val testPref = getSharedPreferences("test", Context.MODE_PRIVATE) // プリファレンスから、保存されている文字列を取得 val storedText = testPref.getString("edit", "テスト") binding.editText.setText(storedText) // ボタンがタップされたときの処理 binding.saveButton.setOnClickListener { val inputText = binding.editText.text.toString() testPref.edit().putString("edit", inputText).apply() } } }