戻る
■KUSANAGI for AWS
KUSANAGI - 超高速WordPress仮想マシン [高速化チューニング済みWordPressサーバ] https://kusanagi.tokyo/ 以下、実際にKUSANAGI+WordPress環境を構築してみる ■KUSANAGIインスタンスの作成 KUSANAGI for AWS - KUSANAGI https://kusanagi.tokyo/cloud/kusanagi-for-aws/ ・EC2は t2.medium 以上(メモリ4GiB以上)を推奨らしいが、お試しなので t2.micro を選択した ・自動割り当てパブリックIPは、お試しなので有効化した ・ネットワークとサブネットは、テスト用に作成済みのものを選択した ・セキュリティグループは、テスト用に作成済みのものを選択した ・キーペアは、テスト用に作成済みのものを選択した ・インスタンス作成後、Nameに「kusanagi_web1」を設定した(任意の名前) ・Elastic IP はお試しなので設定せず 以下の情報で接続 ホスト: 203.0.113.1 ポート: 22 ユーザ名: centos(KUSANAGIのデフォルトユーザ) パスワード: (なし) 鍵: (EC2作成時に選択したもの) ■KUSANAGIの初期設定 KUSANAGIの初期設定 - KUSANAGI https://kusanagi.tokyo/document/kusanagi-init/ # kusanagi init --tz tokyo # kusanagi init --lang ja を一つずつ実行して設定していく…のではなく、あくまでも # kusanagi init を実行するのみでひととおりの設定を行う その際「--tz tokyo」や「--lang ja」のオプションがあれば、そのまま設定される…みたい 「2. TLS用ホスト鍵ファイルの生成」は、はじめて kusanagi init を実行した時に作成されるみたい ユーザパスワード&鍵パスワードとして以下を設定 Hr3y9BPa2Q 鍵ファイルが作成される Your identification has been saved in /root/kusanagi.pem. Your public key has been saved in /root/kusanagi.pem.pub. MySQLパスワードとして以下を設定 Ke82MgqEaP 設定完了時、以下が表示された innodb_buffer_pool_size = 384M query_cache_size = 128M monit is already on. Nothing to do. 以下の情報で同サーバにログインできる ユーザ名: kusanagi パスワード: Hr3y9BPa2Q 鍵: kusanagi.pem ※kusanagiユーザはrootになれないみたい ■KUSANAGIのプロビジョニング KUSANAGIのプロビジョニング - KUSANAGI https://kusanagi.tokyo/document/kusanagi-provision/ centosユーザからrootになった状態で、引き続き設定 # kusanagi provision wordpress … ★www よりも wordpress や refirio など、プロジェクト名を設定するほうが自然かも ホスト名は以下を設定するものとする … ★www.example.com はCloudFrontのドメイン設定でエラーになるので、他のものにした方が良さそう www.refirio.net Let's Encrypt は使わない(ENTERを2回押して、メールアドレスの入力を飛ばした) データベース名は以下を設定した … ★WordPress用なのだから、データベース名は「wordpress」の方がいいかも kusanagi データベースのユーザ名は以下を設定した kusanagi データベースのパスワードは以下を設定した rJg3e9BApQ 設定完了時、以下が表示された wordpress のプロビジョニングは完了しました。www.refirio.net にアクセスし、WordPressをインストールしてください! 完了しました。 新しいメールが /var/spool/mail/root にあります 以下にアクセスするとnginxの画面が表示される http://203.0.113.1/ 以下にアクセスするとWordPressのインストール画面が表示される http://www.refirio.net/ テストで仮のドメインを設定した場合、hostsファイルを編集してアクセスする C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts 203.0.113.1 www.refirio.net 公開フォルダは以下になる /home/kusanagi/wordpress/DocumentRoot/ 以下のようにすると、届いたメールを確認できる(Monitに関するメールが届いている) # vi /var/spool/mail/root ■WordPressのインストール WordPressのインストール - KUSANAGI https://kusanagi.tokyo/document/wp-install/ 手順通りにWordPressをインストール 必要に応じて、プラグインの設定なども行う サイトのタイトル: KUSANAGI ユーザ名: kusanagi パスワード: u#M@dERCAo^8v62S*X メールアドレス: refirio@example.com ここまでで、設置自体はいったん完了 ダッシュボードの「セキュリティ状況」に推奨設定が表示されているので、可能なら調整する ■Gitからのデプロイに対応 ★このタイミングで設定し、その後サーバを複製すると良さそう git.txt をもとに、デプロイの仕組みを構築しておく